ビタミンやミネラルも大事な栄養素

ビタミンやミネラルも大事な栄養素

身体に必要な栄養素というと、タンパク質、脂質、炭水化物と思い浮かべます。しかしながら、細胞を構成したり材料になる栄養素だけが大事な栄養素というわけではありません。

ビタミンやミネラルは微量栄養素と呼ばれて、ごく少量ではあるものの身体の細胞やエネルギーを作り出す際に、その化学反応を促進したり、エネルギーや廃棄物を身体中に運んだりといった身体の維持に欠かすことの出来ない様々な働きをしているのです。

ここでは身体の疲労感を軽減するための大事なミネラルである亜鉛を取り上げてみます。

亜鉛で疲労回復

亜鉛は身体を維持するために必須の栄養素ですが、最近はそれだけではなく、疲労回復の効果がクローズアップされています。

すなわち、亜鉛を摂取することで成長ホルモンの分泌が活発になります。成長ホルモンとは背が大きくするだけでなく、日中の活動で傷ついたり疲弊した細胞や器官をリフレッシュしてくれる効能があるのです。

亜鉛を積極的に摂ることで、成長ホルモンが分泌され、寝ている間に身体のリカバリが行われて、朝スッキリ起きることが出来るようになるというわけです。

そもそも亜鉛は足りてるの?

そもそも日本人の食生活では亜鉛が不足しています。厚労省が出している亜鉛の摂取目標値は男性で12mg、女性9mgですが、実際のところは目標値の2/3程度しか摂取できていないのが現状なのです。

インスタント食品や加工食品に偏った食生活では亜鉛が不足してしまうケースが多いようです。

亜鉛が不足すると、味覚がおかしくなったり、抜け毛が多くなったり、爪が割れやすくなるといった障害が表れます。「味がおかしいな?」とか「爪に白い点々が…」といった自覚症状が出てきたら亜鉛を積極的に摂る方法を考えてみてはどうでしょうか?

亜鉛の摂取方法は?

亜鉛を含む食品の中で特に有名なのは牡蠣やうなぎ、レバー、牛肉が挙げられます。

牡蠣の亜鉛含有量は1つで8mgもありますから、2つも食べれば一日分としては十分です。

ただ、これほど豊富な含有量でなくとも、大豆、緑茶、ナッツ、チーズ、卵といったように、亜鉛は様々な食品に少しずつ含まれています。バランスの良い食生活であれば亜鉛が不足することは無いのです。

しかしながら仕事に追われる毎日で食事が不規則になったり、インスタント食品や総菜で済ますような食事が続くと、本来疲労回復のために多めに必要な亜鉛が逆に不足してしまうのです。

こうしたタイミングでは一時的にサプリメントで亜鉛を摂取することを検討するのも一つの方法です。まずは亜鉛サプリメントで体調を整えて仕事を片付けてしまいましょう。

ページの先頭に戻る