身体に少々のガタがくるのは当たり前?

身体に少々のガタがくるのは当たり前?

健康診断の結果を見てだけでは、お腹が痛くなるわけでもありません。実際のところ、血液検査の数値が少々悪くなっていても、症状としては痛みもつらさも無いわけです。

「3~40年も毎日動いているんだから、身体や内臓だって少しぐらいガタがくるのが当然!」とか、「仕事で無理することも多いんだから、このくらいの数値で留まっているなら十分!」などと適当な自己判断をしていませんか?

ガタがくるのは当然かもしれませんが、ガタがきたら修理しなければいけません。今回はコレステロールや中性脂肪の数値に注目し、患者や予備軍と呼ばれる人が急増している脂質異常症について考えてみましょう。

コレステロール値を下げましょう

脂質異常症とは血液中のコレストロールが基準となる一定の量を超えてしまった状態を指します。

コレステロールにもLDL、HDLという2種類のコレステロールがあります。LDLは身体全体に脂質を運ぶ働きがあり、HDLは余った脂質を回収する働きがあります。この2つの中で悪玉として検査時に注目されるのはLDLコレステロールです。

LDLが悪玉と言われるのは、働きすぎて余計な脂質まで運んでしまい、HDLが回収しきれない脂質が血管内に残ってしまう点が問題とされるのです。

しかしながら、LDLコレステロールが仕事を怠けてしまえば、肝臓に脂質が蓄積され過ぎて、肝炎・肝硬変といった病気が心配になります。実はコレステロールは身体にとって必要不可欠な成分で、LDLとHDLのバランスが大事なのです。

中性脂肪を減らしましょう

中性脂肪とは、飢餓状態に対する蓄えであり、口から入れた食べ物をエネルギーとして消化しきれなかった分が、中性脂肪に変換されて内臓やお腹周りに蓄積されるのです。MRI等でお腹周りや内臓の中性脂肪を撮影することも可能ですが、血液中の中性脂肪の量を測定することで中性脂肪の量を計算で求めることが出来るのです。

コレステロールと違って、中性脂肪自体が血管に余計な負荷をかけたり、血管を硬くしてしまったりという悪さはしませんが、中年型の肥満のほとんどは中性脂肪の蓄積ですから、脂質異常症であれば、やはり中性脂肪を減らす努力は必要なのです。

食生活を変えてみよう

もちろん、コレステロールや中性脂肪を減らすためには運動が第一です。

ただし、ここでは運動をした上での食生活、または運動が苦手な方の食生活を考えて、中性脂肪や悪玉コレステロールを体外に排出する食べ物をピックアップしてみます。

オクラや山芋、わかめといった水溶性の食物繊維は、コレステロールを繊維がからめ取って、そのまま体外に排出してくれます。

ビタミンCやEは悪玉コレステロールが増えすぎて酸化してしまうのを防いでくれます。ピーマンやじゃがいも、果物類が有効です。

また、青魚のEPAやDHAも、コレステロール値を下げて血液をサラサラにしてくれる食材として知られています。

これらはほんの一部ですが、こうして食材を挙げてみると非常に沢山の食材がコレステロールや中性脂肪を下げてくれるということが分かります。

偏食せずにバランスの良い食事を摂りつづけていれば、あまりコレステロールや中性脂肪と意識しなくても良いのかもしれませんね。

ページの先頭に戻る