自律神経失調症がなぜ怖いのか?

自律神経失調症がなぜ怖いのか?

自律神経失調症という病気は比較的昔から知られているのですが、最近では症状が続くとうつ病につながってしまう可能性のある注意すべき病気として、クローズアップされており、働き盛りの人達の中で罹患する人も増加傾向にあるのです。

これは、自律神経失調症が、病院の検査では見つけにくいという点が原因として考えられます。さまざまな不調があるのに、いくら調べても原因が分からないという、不安や憂うつ感がうつ病のきっかけになりかねないというわけです。

そこで、自律神経失調症が何故見つかりにくいのか? どのように防いでいくのかについて調べてみましょう。

自律神経の働き

自律神経とは、人間の意志の力で制御できない動きを司る神経です。心臓を動かしたり、暑い時汗をかいたりといった動きは自律神経の働きです。

さらに自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。交感神経は起きているアクティブな時間に働く神経で、副交感神経は、睡眠時に身体を休めさせるために必要な神経です。

双方の神経は同時に動作することはなく、一方が動いている時にもう一方は休憩状態になります。

また、自律神経は女性・男性ホルモンの分泌も制御しており、目立たないものの裏方として人間が生きていくうえでの基本的な動作を制御する縁の下の力持ち的な存在なのです。

自律神経がおかしくなると

この大事な自律神経がおかしくなると様々な不調が出てきます。

汗を出すのは体温を下げる時のはずなのに何の関係も無いタイミングで汗が止まらなかったり、のぼせや冷えといった体温調整が上手く出来ない。夜にぐっすり寝たいのに、いつまでたっても眠くならない。消化器系の不調や下痢・便秘…etc 症状を挙げ始めたらきりがありません。

これらは、交感神経が休んで副交感神経が働き始める交代のタイミングがおかしくなってしまうことが原因です。すなわち、各パーツには何の不調が無くてもこれを制御するコントローラの不具合なのです。

このため、痛みや不調が出ている身体の器官を検査してもなかなか原因が見つからない場合が多いのです。

歪みを治そう

自律神経のバランスが狂ってしまうのは、やはり自律神経が何か勘違いを起こすような負荷がかかっている場合がほとんどです。

生活のリズムが不規則になっていないでしょうか? 夜更かしを続けたり、休みの日にいつまでもベッドから離れられなかったり… 食事の時間はどうでしょう? 朝食を食べたり食べなかったり、極端なダイエットをしたり、リバウンドで過食したり…

こうした生活習慣の乱れが自律神経の勘違いにつながるのです。

また、社会的・精神的なストレスも自律神経が不調になる一因として知られています。日常のストレスをうまく発散して解消するのが苦手な人はどうしても自律神経に負荷がかかってしまうようです。

「どこも悪くないのに何か身体が不調」と悩みが続くようなら、自律神経失調症が疑われます。あなたの生活は歪んでいませんか? 一日の歪みをその日のうちに元に戻せるよう生活を見直してみるのも一つの方法ですよ。

ページの先頭に戻る